K’LOOPで京都の世界遺産巡り!

2017.5.19  モデルコース  , , , , , ,

京都には、二条城や金閣寺、清水寺など世界遺産が多数存在します。
そんな世界遺産をK’LOOPバスならとても効率的に巡ることができます!

☆世界遺産周遊コース
まずは京都駅八条口からAM8時30分発のK’LOOPバスにご乗車ください。
そして、「二条城 ⇒ 金閣寺 ⇒ 下鴨神社 ⇒ 銀閣寺 ⇒ 清水寺 ⇒ 東寺」
と6ヶ所の世界遺産を回って、また京都駅へ戻ってくるコースになります。
それぞれの世界遺産で1時間滞在したとしても、17時までには京都駅に戻ってくることができます。
(下記マップを参考にどうぞ。)

Hop-on Hop-off!!

2017.5.18  K'LOOPの魅力  , , , , , ,

K’LOOPバスは「Hop-on Hop-off」、つまり乗り降りし放題である点も魅力の一つです。

一般的な観光バスツアーのように、添乗員さんに連れられて、決められた場所で降りて、

決められた時間を過ごして、また一斉に次の目的地へ・・・というスタイルとは異なり、

自分のタイミングで好きなところで降りて、好きなだけ楽しんで、

また次の自分だけの目的地へ向かう、こんな旅がK’LOOPなら実現できます。

 

ハワイなどの海外観光地ではメジャーな運行スタイルですが、

国内ではまだまだ多くはありません。

特にここ京都では唯一の「Hop-on Hop-off」スタイルのバスです。

 

K’LOOPで一日中自由気ままに欲張りに、

あなただけの京都ツアーをコーディネートしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

SNSで色んな京都を発信中!

2017.5.17  新着情報  , , , ,

K’LOOPバスには京都の学生さんがスタッフとして添乗しています。
その学生さん達がSNSを通じて様々な京都を発信してくれています。

四季の魅力や、京都ならではのグルメ情報などもあり、
京都の街で学び暮らしている彼女彼らだからこそ知っている情報が満載です!
ぜひ一度フォローしてみて下さい、京都を訪れたくなるのではないでしょうか。

Instagram https://www.instagram.com/kyoto_kloop/
facebook https://www.facebook.com/kloopbus/
Twitter https://twitter.com/kyoto_kloop

これであなたも「京都通」

2017.5.16  K'LOOPの魅力  , , , ,

K’LOOPバス車内では、移動中に京都の様々な魅力を紹介する車内アナウンスが流れています。
世界遺産をはじめとする人気観光スポットにまつわる歴史はもちろん、
京都ならではの地名や道路の成り立ちなど、京都に住んでいる人でも知らないようなエピソードを
知ることができるかも?!

「みたらし団子は何個ついているのが本物?」
「左京区は左にあるの?」
「 東寺の塔より高い塔があった?」
「洛北の洛は何の洛?」
「京都最強の道路は?」

アナウンスは日本語ですが、
外国の方にもお楽しみ頂けるように英語、中国語、韓国語に変換する
レシーバーの貸し出し(レンタル料1日500円)も車内にておこなっていますので、
外国のご友人にも是非ご案内ください!

ぜひあなたもK’LOOPで「京都通」に!

K’LOOPでスムーズな旅を

2017.5.16  K'LOOPの魅力  , , ,

京都の人気観光スポットは鉄道駅から離れているので、
バスでのアクセスが便利ですが、
「路線バスはルートが複雑で、乗換えが難しい。」
「迷っているうちに、せっかくの京都での時間をロスしてしまった。」
「とても混雑しているので、予定していた時間に乗りたいバスに乗れない。」
「もっとスムーズに移動できる手段が欲しい!」
そんな思いをした方も少なくないでしょう。

そんな声に応えるべく、観光に特化した循環バスとしてK’LOOPは誕生しました。
K’LOOPなら
・世界遺産を含む人気観光スポットをダイレクトにつなぐので乗換えの必要がない。
・降りたところが次の乗車場所なので迷うことがない。
・30分毎に次々バスが来るので速やかに移動できる。
といったように、とにかくスムーズに観光を楽しんで頂けます。

新ルートで運行開始!

2017.5.13  新着情報  , ,

5月13日土曜日より、新ルートで運行開始しています!
京都御所や本能寺、賀茂大橋、八坂神社も新たにルートに加わりました。
これで京都市内中心部の人気観光スポットをよりスムーズにお楽しみいただけるのではないでしょうか。
チケットは車内でも購入可能ですので、どの停留所から飛び乗って頂いても大丈夫です。
京都観光ならK’LOOP!
バス車体の後方部は写真のように観光スポットが鮮やかに彩っています!

アーカイブ